接骨院・介護予防なら茨城県笠間市 株式会社 TSUBOMATSU

  • 友部ともべ接骨院
  • リハビリ
    デイサービス
  • ・友部接骨院
    ・友部接骨院併設リハビリデイサービス
  • ・友部接骨院附属リハビリデイ美原
日常生活支援総合事業 介護予防型デイサービス 日常生活支援総合事業 介護予防型デイサービス

介護予防への取り組み

当施設では痛みの緩和や転倒予防など機能訓練専門のメニューを提案しています。1日3時間、科学的根拠に基づいたメニューです。
柔道整復師(機能訓練指導員)が、ご利用者様に合わせた接骨院同様の個別リハビリを提供いたします。 痛みの緩和、運動レクリエーションを融合したプログラムです。笠間市でも推奨しているスクエアステップ、介護予防マシン等の設備が充実した器具を用意しております。
「病院で運動の指示が出たけど、何をして良いのか分からない」、「運動習慣を確立したいけど、方法が分からない」などお悩みの方は多いと思います。当施設は「痛みへのアプローチ」、「全身運動」、「リラクゼーション」が三位一体となって利用者様に寄り添うプログラムです。
人生100年時代の到来と共に、健康で元気な身体を手に入れる機能訓練をぜひ提供させてください。

下記の疾患に該当する方は是非お任せ下さい

変形性膝関節症・変形性膝関節症の人工関節置換術前後のリハビリ

腰部脊柱管狭窄症・腰部椎間板ヘルニア

肩痛・股関節症

パーキンソン病・脳梗塞後遺症

全身の筋力低下・糖尿病などの生活習慣病・転倒予防

身体の痛みや違和感を放置すると、症状が悪化する原因になります。
まずはお電話ください。痛みの状況をぜひ教えてください。

プログラムとトレーニングマシン

トータル3時間の
オリジナルプログラム

当リハビリデイサービスは、午前の部と午後の部に分かれています。 利用者様の生活スタイルで午前、午後の枠をご利用いただけます。

    1. 8:55
    2. 13:25

    ❶バイタルチェック

    体温、血圧測定、問診し、はじめにお身体の状態を確認します。

    1. 9:00
    2. 13:30

    ❷全身リハビリ体操

    椅子に座った状態で上半身、下半身に分けた全身の体操を行います。尿漏れ体操、肩や股関節の可動域を拡げる体操も盛り込んでいます。

    1. 9:15
    2. 13:45

    ❸各メニューを順番に行う

    介護予防マシン、物理療法、マッサージチェア、ウォーターベッドを順番に行います。なお、介護予防マシンは血圧値で実施可否を判断します。

    1. 10:25
    2. 14:45

    ❹個別リハビリ

    変形性膝関節症、腰部脊柱管狭窄症の身体の痛みはぜひお任せください。

    1. 11:25
    2. 15:55

    ❺転倒予防体操

    椅子に座って足の指、足首の体操を行います。介護予防マシンでは鍛えられないところを重点的に行います。

    1. 11:35
    2. 16:05

    ❻スクエアステップ

    下肢のバランス機能、転倒防止のための運動です。また、目で見てパターンを覚えるため、脳トレにも繋がります。

    1. 11:40
    2. 16:10

    ❼ダンス体操

    椅子に座り、音楽に合わせてダンス体操を行います。リズムに合わせた整理体操です。

    1. 11:45
    2. 16:15

    ❽歌声喫茶

    毎週選曲した歌を1曲歌います。声を出すことは喉の運動にもなり、心身がスッキリする効果もあります。懐かしの曲に心も体も癒されます。

    1. 11:55
    2. 16:25

    ❾機能訓練終了

    次回の予定を確認してお帰りです。

最新のトレーニング機器や、充実した設備を完備

  • ウォーターベッド

    水圧によって全身をマッサージする施術機器です。 ベッドの下にたっぷりと温かいお湯が入っており、ジェットバスのような水圧で頭から足首までをほぐしていきます。

  • マッサージチェア

    血行の促進や、肩・腰・足などの筋肉のコリをほぐすことができます。身体の構造や仕組みを徹底的に研究して開発された最新のテクノロジーのマッサージチェアです。

  • 干渉治療器

    筋を収縮させ、筋ポンプ作用を働かせることで、痛みのある部位や筋肉が硬い部分に対する「マッサージ効果」「血行促進効果」「鎮痛効果」があります。

介護予防・日常生活支援総合事業とは

市町村が一体となり高齢者を支えていくための取り組み

介護予防・日常生活支援総合事業(以下、総合事業)とは、各市町村が中心となって、地域の実情に応じて、住民等の多様な主体が参画し、多様なサービスを充実することで、地域の支え合い体制づくりを推進し、要支援者等の方に対する効果的かつ効率的な支援等を可能とすることを目指すものとされています。つまり、笠間市が一体となり高齢者を支えていくための取り組みです。

介護予防
・生活支援サービス事業

当施設は①の介護予防・生活支援サービス事業の通所型サービスに属しています。 当施設を利用するには、介護認定を受けているか、笠間市役所高齢福祉課にて「基本チェックリスト」を受けて、事業対象者に該当する必要があります。 ご利用までの流れは、少し難しい内容になっております。当施設のスタッフがご説明いたしますので、ご興味のある方はお電話、ご見学にてご相談ください。

総合事業の
分類
対象者
①介護予防・生活支援サービス事業通所型サービス 事業対象者、要支援1、要支援2が該当
②一般介護予防事業 全ての高齢者が対象

総合事業は、健康と介護状態の中間に位置しています

健康と介護状態の中間=フレイル状態

総合事業は、健康と介護状態の中間に位置しており、フレイル状態とも言えます。最期まで自分の脚で歩くためには、フレイルから介護状態に移行しないことが重要であり、介護予防に取り組む必要があるでしょう。

機能低下を防止するためのオリジナルプログラムを開発

そんな方に、当施設では膝や腰の痛み、全身の機能低下を防止するための機能訓練を提供しています。接骨院の先生がマンツーマンで行う個別リハビリを中心としたオリジナルのプログラムを開発しました。笠間市でも推奨しているスクエアステップ、介護予防マシン等の設備が充実した器具もご用意しております。

地域包括ケアシステム

当施設は、地域包括ケアシステムの一員として、笠間市の介護・介護予防事業に取り組んでいます。
笠間市の許認可事業のため、ご安心してご利用いただけます。

 
介護職員等特定処遇改善加算の取得状況